【レビュー】ついにSTAUB(ストウブ)を買いました(バジルグリーン20㎝)ルクルーゼとの比較

ルクルーゼのナベを買ってまだ一ヶ月経っていませんが、鋳物ナベにすっかりハマってしまいました。悩みに悩んでやっと欲しいサイズと色が決まりました。なんてキレイな色!

ルクルーゼにあこがれてから十数年かかってやっと買った私。重さに躊躇していましたが実際使ってみると、洗うときに気合いを入れれば良いだけなので(笑)

とにかくマンネリ化していた料理が楽しい!

で、ルクルーゼと人気を二分している感じのストウブも気になっていたので「この際手に入れちゃおう~!」 と勢いに任せて…。

スポンサーリンク

このサイズにした理由

私の家族は5人。ルクルーゼは以前レビュー記事(下記参照)も書きましたが27㎝オーバルを持っています。

遅ればせながら、ルクルーゼを買いました。15年以上前から気になっていたけどずっと先延ばしにしていた私が、なぜ急に買うことにしたのか、...

たっぷりポトフやおでん、カレーなんかはそちらで作ろうと思っていました。なので次に欲しいのは中くらいのもの。普段お味噌汁を作ったり、ちょっと煮物を作ったり、野菜を蒸したりする大きさでした。

18~24㎝の丸形が欲しい…。24㎝ココット(丸形)は27㎝オーバルとだいたい同じくらいの容量なので、かぶるから今回はパス。ストウブはだいたい2㎝刻みでのサイズ展開ですが、ネットでは22㎝は中途半端な大きさという意見や、ナベはサイズ1個とばしで買うと良いという意見があり、20㎝が候補に挙がりました。

あとは、ご飯も炊いてみたいので2,3合炊けるもの。大きいと余分に重いので少しでも小さいもの。ふつうのお味噌汁より具だくさんのを作る私の傾向。このナベをオーブンに入れて焼くハードパンにいつかチャレンジしてみたいのでうちの小振りなオーブンに蓋付きで入るサイズか?などをクリアしたのが20㎝でした。

色はひとめぼれ。あと、ナス色も気に入っていましたが廃盤らしいので…。

結局これ↓↓↓のバジルグリーン色を選びました。

フチに傷?

ピンぼけですみません。このフチの黒いところが一番大きく、目立ちます。でも触るとへこんでいるわけじゃないんです。フタにも12カ所ぐらいは黒いところがあります。

なにしろストウブ1個目なのでこれが正常かどうかわかりません。説明書には4本の棒で支えて作るので製造過程に付くものでってかいてある。それにしても多いなぁ?はずれだったかなぁ?と思っていたら子供(一番下の幼稚園児)がさっそく箱の白いとこに落書き。↓ (やられた~…)

まぁ、返品するつもりだったわけじゃないけど…

書き忘れてましたが梱包はこんな感じで問題なしでした。

ついてる説明書にシリアルナンバーが書いてあり、登録すれば生涯保証がついてきます。これはルクルーゼにはなかった。付いていると安心ですよね。

細かく観察してみると

へこみ?個体差?

フタ裏にへこみがあったり、

表面にぽちっとちいさな気泡?2つほどありましたがこれは手作りの個体差ですね。

ルクルーゼと比較してみる

見た目、重さ

見た目からして、ルクルーゼは女性的なライン。ストウブは男性のファンも多い無骨な感じ。

重さは、この2つだとルクが重いかなあ?でも、あんまり変わらない気がする。

つまみについて

つまみがルクの方は熱くなりにくい。ルクのつまみの方が大きくて安定するが料理が進んで最後にナベつかみを使う熱さになった時、つまみとフタの間の指が入るところのすき間が狭く、ナベつかみの厚さによっては持ちにくい。

ストウブはつまみがすぐに熱くなるので注意。ナベつかみが入れやすいすき間。

フチのざらざらしたところ

2つのナベとも、フタと本体のフチはコーティングされていませんって感じの色ですが、触ると感触は全然違います。ルクルーゼの方がざらざらしてる。ストウブは指あたりがとてもなめらかです。

同じように使っていくつもりです。どちらのナベが変化してくるでしょうか?

今日のまとめ

どちらにしても世界的に有名なナベには違いない。あとは好みの問題だとも思うけど両方がんがん使って感想を書きます。

今までティファールの黒かステンレスのナベばかり使ってきた私にとって、この2つのナベが自分のキッチンに並んでいるのをみる日が急に来るなんて♪やっぱり華やかになるし、メニューを考えるのも何だか楽しいデスよ!

この一ヶ月後に2個目のストウブを手に入れています。そちらの記事